「なつやすみ」真っ盛り 中央線武蔵境駅徒歩8分の自宅にて家庭料理教室【なつやすみ】を主宰。拒食症と母親の死の経験を経て、「食べることは生きること」をモットーに、その他大井町・青山等で教室開講中。
  • scissors
    1月 14th, 2014露崎 奈津子出産・育児

    さて、妊娠が分かってから
    3ヶ月目にピークを迎えた(終わったのは5ヶ月目半ば頃)私のつわりですが
    吐かなかっただけマシ、と思いつつ
    とにかく特殊な食べづわりで、すごく苦労しました。

    というのは、【出来立てのもの】しか食べられなくなっちゃったんです。
    出来上がった瞬間じゃないと、
    もう味や鮮度が落ちて不味いに違いない
    としか思えなくなったというか。

    昼にカレーを作っても残りは夕飯にはもう食べたくない、
    出来立てとうたってあるお惣菜やお弁当も無理、
    かといって外食も食欲が5分目位まで落ちてて
    1人でお店入って半分残して出るのは逆にストレス溜まるし…

    そうすると、
    常に今食べたいものをその場で作って食べるしかないけど
    現実無理なわけで、
    もうこれはお抱え料理人を雇うしかなーい(笑)
    と思いながら、
    常に何なら食べれるかを探して難民してました。
    残って捨ててしまった沢山のお料理たち、本当にごめんなさい。

    酸っぱいものとかマックのポテトとか
    ある意味、これさえ食べれば!
    ってものがあるよりも、正直辛かったですが
    そういう意味では料理教室の時は常に出来立てを食べられたので
    仕事に助けられてたなーと思います。
    (まぁそれはそれで違う苦労もあったので、その話はまた次回…)

    あ、一般論で言うと、私も白米は食べられなくなりました!
    酢飯とかチャーハンとか
    ふりかけかければOKなんだけどね、これ不思議。

    あと、敢えていうなら具沢山のスープや煮物が一番体が求めてたけど
    これは後期にかけてもずっとそうだったのと
    授乳中の今も、一番いいのはこういう食事だなーって感じております。

    ★おまけ その2★
    出産翌日の夕飯。
    DSCN6010
    何故かやたらと量が少なかった日;

    でも、はじめは母乳もほとんど出ないこともあってか
    出産直後の極度の空腹から一転、
    食欲が落ちて胃もたれぎみだったので
    丁度良かったかも。

    ま、そこからまたどんどん食欲が増してったんですけどね…