「なつやすみ」真っ盛り 中央線武蔵境駅徒歩8分の自宅にて家庭料理教室【なつやすみ】を主宰。拒食症と母親の死の経験を経て、「食べることは生きること」をモットーに、その他大井町・青山等で教室開講中。
  • scissors
    2月 18th, 2016露崎 奈津子出産・育児

    その1 出産直後(水分とりすぎ)
    その2 ガラムマサラ
    その3 乳腺炎(山●パンドーナツ、腐りかけのメロン、深夜のコンビニプリン)
    その4 離乳食とのペース
    その5 バイバイの仕方
    その6 授乳中とそのあとの食欲

    3回目の今回は、
    授乳中の最大の敵・乳腺炎。ちょい長いです。

    おっぱい=血液なので、
    血液どろどろになったり過剰生産になって詰まった結果、
    しこりができて授乳時に激痛が走ったり、発熱するというのが主な症状。

    一般的にはよく出る人の方がなりやすく、
    そっち側の私も、何度か悩まされました。

    お餅や揚げ物、生クリームなど
    乳腺炎を防ぐために気を付けろと言われているものは色々ありますが
    結局体質によって、どれくらいは食べてもOKってのが違うんですよね。

    かつ、経験してみて感じたのが、
    食材の種類や量よりも「質」、
    更に「疲れ」が重なったとき
    にヤツは猛威を振るってくる…!

    乳腺炎になったときに、原因を振り返ると
    あぁこれのせいだなってのがやっぱりあるんですよ。

    原因1→山●パンのオールドファッション

    てこれ、伏せ字になってないですが(笑)
    私が初めて乳腺炎になった産後2か月の時、
    昼食がてらオールドファッション4個を食べたら
    寝かしつけの時間くらいからしこりができ始めて、
    赤く腫れてきたのでなんかヤバイぞと…

    とりあえず初経験のことだったので色々調べ、
    保冷剤で冷やしながら頻回授乳して3日後にはほぼ元通り。

    これは、産後しばらくしての疲れや気の緩みと、
    私の祖母が曾孫を見に泊まりがけで来てくれるタイミングが
    重なったのも1つかなと。

    でも発熱はなかったし、食事と、
    気づけばすぐに対処すれば何とかなるもんだな、
    …と思った当時の私が甘かったのでした…

    原因2→腐りかけのメロン

    次が生後11ヶ月位の時。

    頂き物だったのに申し訳ないのですが…
    メロンが貰ったとき(おそらく購入してもらった時点)から既に痛みかけていて、
    勿体無いから食べよう!
    と、夕食後主人で1個を半分こして食べることになり…

    まぁこれは量も良くなかったと思うんですけど
    果物も乳腺炎には避けるべきものというのを知らず、
    しかも腐る1歩手前という糖度マックスの状態を胃袋に納めた私。

    夜間授乳の時点で違和感を感じていたものの、
    朝起きるとすんごいだるくて、熱はかったら38.8度。

    発熱は過去、大学の時に1回経験したのが記憶にあるくらいで…
    こんなにしんどいんですね( ;∀;)

    で、よりによって外部の仕事&定員マックスのレッスンのあるタイミング。

    家事は主人にお願いして極力横にならせてもらいつつ、
    すぐには熱が下がらないんで、
    (今だから言えますが)熱出しながら仕事してました。

    自分の仕事の性質を身をもって感じた1件でしたね…

    そのときは2日で解熱して1週間位で落ち着いたかな。

    原因3→深夜のコンビニプリン

    これは確か、生後1年2か月くらい。

    そう、生後1年経っても乳腺炎を甘く見てはいけません。

    この時も主人が買ってきてくれたものだったので
    非常に申し訳ないのですが…
    夜11時くらいにコンビニのプリンを食べ、
    翌朝には「これはたぶん…」と体温はかったら、やはり38度超え。
    慣れると熱出てる自分に気づくようになるんですね(笑)

    このとき辛かったのは、
    子供の突発性発疹とかぶってすごい不機嫌で、
    かつ授乳回数を減らし始めてたのに頻回授乳になって
    せっかく減ってきたのに~というタイミングだったこと。

    その状況自体がストレス&疲れになって、
    しこりや熱は落ち着いても白斑が左右順番にできたり
    落ち着くまでに2週間くらいかかったような…

    その頃には授乳回数もすっかり減って、
    あの心配は何だったんだって感じでしたけど…

    この白斑もね…辛いんですよ(泣)

    乳腺炎のしこりは、授乳開始直後が一番痛くて
    徐々にほぐれて楽になってくるから
    どんどん飲みたまえーって感じなんですけど、
    白斑は常に痛いから、早く終われーっていう気分。
    (でも吸ってもらわないと小さくならない)

    とまぁ大なり小なりトラブルを経験してきて、
    どこのメーカーやお店が良くない、とまでは言いませんけど
    やっぱり自分が納得して安心して選んでるもの以外で起きていて、
    油/脂の質や添加物、農薬や肥料など、
    これは体に良くないよーっていうのを
    子供が教えてくれていたのかなと思います。

    疲れてるときほど、質が大事。

    ★今回のおまけ★
    DSC_1076

    お昼寝タイムに、「ハンバーガー食べたい」という子供の声を聞きながら
    私が先に寝てしまったとき…
    ハッと気づいたらハンバーガーが完成していた。

    子供って、良く見てるし、センスが独特(笑)

  • scissors
    2月 15th, 2016露崎 奈津子出産・育児

    その1 出産直後(水分とりすぎ)
    その2 ガラムマサラ
    その3 乳腺炎(山パンドーナツ、腐りかけのメロン、深夜のコンビニプリン)
    その4 離乳食とのペース
    その5 バイバイの仕方
    その6 授乳中とそのあとの食欲

    ということで今回はその2、「ガラムマサラ」です。

    はて、ガラムマサラはなんぞや??
    ですが、分りやすい説明を発見↓

    ガラムマサラはインド料理においては欠かせない存在で混合香辛料の一つです。「シナモン」「クローブ」「ナツメグ」と言った基本の3種類プラス様々な香辛料から作られており、ガラムは「暑い(熱い)」マサラは「混ぜた物」を意味します。この為、辛いものと考えられがちですが、実際には辛味よりも香り付けを目的に考えられています。

    By「魔法の香辛料ノート」

    「香り付け」という効果を発揮するため、
    極力加熱しないようにする、つまり
    カレーや炒めもの仕上げにササッと加えるスパイスです。

    ここまできてピンと来た方もいるかもしれませんが、
    そう、カレーといえば授乳中の鬼門。

    上記のサイトにも
    「妊娠中(または授乳中)の方は大量摂取を避ける様に心掛けて下さい」
    と書いてありますが、まさに我が子も
    唯一おっぱいを嫌がって飲まなかった、というのが
    このカレーにガラムマサラを加えて仕上げた時だったのです…

    母乳は血液でできているので
    食べたものの味がする(それに影響を受ける)から
    敏感な子供は母親が食べたものによって
    おっぱいの飲みが違うとは言いますが

    カレーのみの時はOKなんですよ、
    でもそれにガラムマサラ入れたときだけ
    飲み始めた瞬間がぶりっと噛まれたんですよ(;o;)
    (厳密に言うと、まだ生後2ヶ月くらいだったので、歯のない歯茎で挟まれた)

    自分で母乳を飲んだことないので
    真意のほどは分からないのですが…

    とりあえず我が家のガラムマサラはじめ
    豆板醤や七味唐辛子などは
    使いきることなく賞味期限を迎えていったのでした…とほほ

    ★今回のおまけ★
    DSC_1065

    2年前に娘の初電車お出掛けで買いにいったお雛様。
    今年は一緒に飾りました!
    某人形屋さんの授乳室で見事にウ●チを漏らされたのも
    「こういうときに限って…」の育児あるある\(^o^)/

  • scissors
    2月 9th, 2016露崎 奈津子出産・育児

    さて、ようやく本腰入れて開始します!

    進捗を確認して、自分自身の士気を高めるためにも(笑)
    毎度レポート項目一覧を掲載して臨みたいと思います。

    その1 出産直後(水分とりすぎ)
    その2 ガラムマサラ
    その3 乳腺炎(山パンドーナツ、腐りかけのメロン、深夜のコンビニプリン)
    その4 離乳食とのペース
    その5 バイバイの仕方
    その6 授乳中とそのあとの食欲

    ということで今回は「その1」。

    私が出産した病院は、
    周りでも「超スパルタ」との呼び声高い(!?)、母乳育児推進派。

    カンガルーケアから始まり、基本24時間母子同室、
    極力早くからおっぱいを咥えさせ、
    適宜分泌チェックや授乳指導などがありました。

    その病院いわく、
    「おっぱいは出るかどうか(の体質の問題)、ではなく、あげるかどうか(で決まる)」
    とのこと。。。

    それが正しいかどうかは分かりませんが、
    お蔭様で、とにかく出ることには悩まないおっぱいに育てていただきました。

    ただ、私の場合は長女が2400g未満で生まれ、
    それに伴う色んな検査があったこともあり
    産んでから15時間後くらいに初めての授乳、
    かつ産後2日くらいは授乳後に毎回ミルクを飲ませるというのを行っていたのですが、
    すぐにミルクを足さなくても赤ちゃんの体重が増加し、
    おっぱいが出るようになった理由は

    「出産直後からとにかく水分を摂りまくった」

    ことに尽きると思います。

    これは母乳の出を良くするために意識的にやっていたわけではなく、
    今だから話せることですが。。。。

    実は私、約30分のスピード出産のショックでか、
    産後自力でおしっこが出なくなってしまったのです。。。
    普段はどっちかっていうとトイレが近いタイプだったのに(泣)

    そのため、膀胱の機能を働かせるために
    助産師さんに
    「こまめに水分摂ってくださいね!」
    とことあるごとに言われ、
    私も早く治りたかったし寒い時期だったこともあり
    利尿作用が高いホット飲料をがぶがぶ飲んでいたのですが。。。

    ・水分を摂る
    ・温かいものを摂る(体を温める)

    ってこれ両方、母乳の分泌を良くするための要素じゃん!!!

    しかも、入院中はおしっこの件は全く改善せず、
    結局3週間後にようやくその悩みから解放されたのでした。。。。。。

    そして、ある日
    「なんかおっぱいから白い糸が出てる!」
    と思ったら、勢いが強すぎて勝手にぴゅーっと出ているのを発見、
    1か月検診では
    「おっぱいの出が良すぎるみたいで、
    子供がむせたり飲みにくくしてるみたいなんですけど・・・」
    と相談するような状態までに(笑)

    こんな感じで、話は続きます。

    ★今回のおまけ★
    DSC_0228
    子供の仕草や口癖は
    「そういえばこんなことあったなぁ」ってすぐ忘れちゃうんだけど、
    一時期、気づくと毎回枕を頭に乗せて寝てるときがあって
    いったいどうやっていたのか今でも謎。

  • scissors
    2月 2nd, 2016露崎 奈津子HarvestBeach, お知らせ, なつやすみ, 料理教室

    あぁぁ。。。
    最近とんと、単なるお知らせブログになってしまってますが。。。

    ちょっとブログのコンセプト・立ち位置をしっかり練りこんで
    仕切り直したいなぁと思っているところ。

    その前にまずは、
    授乳中食生活レポート書きたい書きたい!

    というか今月中に完了させます!!!
    これは今年入ってから思っていることなので絶対!!!

    ・・・と宣言をしておいたところで、
    とりあえず、やっぱり、告知です(^^;)

    今月は、先月との間隔が短くバタついておりますが、
    まだ少しだけお席ありますので
    ご都合あいましたら是非ご参加お待ちしております。

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    大井町の料理教室『Harvest Beach』
    ~基本を知ればもっと料理が美味しく&楽しくなる~
    第59回 オシャレに仕上げたい「炒める」料理

    ○●日時○●
      ・2016年2月7日(日) 18:15-21:30@大井町
      ・2016年2月20日(土)16:00-18:30、2月16日(火)、25日(木)、28日(日)10:30-13:00@武蔵境
     ※日時によって開催場所が異なるのでご注意下さい。

    ○●メニュー○●
    オムライス デミグラスソース/ガパオライス/ブロッコリーと海老のガーリック炒め
    デミオムライス全体写真
    ガパオライス
    海老とブロッコリーのアンチョビ炒め

    ○●場所○●
    【大井町】品川区立総合区民会館『きゅりあん』 4F 調理講習室
     (京浜東北線大井町駅東口を出て正面の建物です。)
    【武蔵境】当教室(詳しい住所はご予約時にご案内します)
    ○●参加費○● (お得なポイントカードあり!!)
    【大井町】3,500円 【武蔵境】4,000円

    ★ただ今、紹介キャンペーン中★
    過去1回以上参加したことがある方が、初めて参加する方と一緒に参加いただくと、
    お一人様ずつ500円引き致します。

    ○●お申し込み、お問い合わせ○●
    このブログにコメントかinfo(アットマーク)72yasumi.netまでご連絡ください。

    過去の開催内容はこちら↓
    http://cookingschool.jp/school/harvestbeach

    会場の様子やメニュー写真はこちら↓
    http://cookingschool.jp/school/harvestbeach/lessonphoto

    [contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’お問い合わせ内容’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]