「なつやすみ」真っ盛り 中央線武蔵境駅徒歩8分の自宅にて家庭料理教室【なつやすみ】を主宰。拒食症と母親の死の経験を経て、「食べることは生きること」をモットーに、その他大井町・青山等で教室開講中。
  • 授乳中食生活レポートその5&6 ~バイバイの仕方&授乳中とそのあとの食欲~

    0
    scissors
    3月 24th, 2016露崎 奈津子出産・育児

    その1 出産直後(水分とりすぎ)
    その2 ガラムマサラ
    その3 乳腺炎(山●パンドーナツ、腐りかけのメロン、深夜のコンビニプリン)
    その4 離乳食とのペース
    その5 バイバイの仕方
    その6 授乳中とそのあとの食欲

    少し期間が空いてしまいましたが、
    「授乳中食生活レポート」も今回でラスト!

    その5・その6について、
    良く考えたらそんなに書くことないな。。。(笑)
    ということでまとめてしまいました。

    授乳をやめる時・やめた後、のお話ですね。

    そもそも授乳は、
    事前に色々情報収集をした時に
    「旦那さんの協力が得られるような連休時期」
    「季節は春か秋がいい」

    という意見を参考に、
    かなーり前から「GW」を狙い目にしていました。

    娘の月例でいうと、1歳5か月

    1歳頃からの授乳&離乳食については前回書きましたが、
    乳腺炎&突発性発疹で一旦ペースが乱れたものの
    順調に1か月1回ペースで減らしていき、
    3月には1日1回寝かしつけの時のみに。

    4月の頭に母乳外来に相談に行って、
    その時の自分の気持ちやタイミングを考えて
    GWよりかなり前倒しの4月24日をXデーとすることになりました。
    (ちなみに金曜だったので、
    その後の土日で何かあった時に旦那さんのサポートが得られる体制)

    その日からカレンダーを毎日見せつつ×印をつけていって、
    「この日におっぱいバイバイだよー」
    という、いわゆる言い聞かせ卒乳ですね。

    これも、先日書いた通り、
    とにかく乳腺炎に悩まされるような
    出すぎるおっぱいだったので、
    授乳をやめた直後の苦痛を心配していたのですが。。。

    これが私のおっぱいには何のトラブルもなく、
    娘も少し寂しそうにしたけど
    「あ、そうか、もうおっぱいじゃないんだ」
    という感じで麦茶入れたマグを飲んで寝るようになってくれて。

    食事に関して、揚げ物や温かいスープ、甘いものなどを
    なるべく控えるようにはした気がするけれど
    あんまし記憶にない。。。ってくらい気にしなかった感じなので、
    事前に母乳外来でマッサージをしてもらえたことと
    多分娘ももうあんまし飲んでなかったんだろうな

    っていうのが功を奏したのかなと思います。

    バイバイ後は、3日後に母乳外来でマッサージをしてもらって、完了!

    無事に(?)授乳前に比べて
    だいーぶぺったんこな感じになったのでした。
    (これ、聞いてなかったので、結構ショックだった・・)

    そしてその後何より楽というか嬉しかったのが、
    食欲が落ち着いたこと!

    授乳中はとにかくお腹が空いて
    自分でもびっくりするぐらい食べていたのに
    授乳をやめてからは腹八分目が分かるようになったというか、
    子供の残した分も勿体ないーと思って食べてたのがなくなったり(笑)
    とにかく量食べないと気が済まないというのがなくなって
    体重も落ち着いたのでした。

    授乳をやめると太るという話も多いようですが
    逆のパターンもあるよ、ということで。。。

    ★おまけ★
    2年前だけど、今も同じ寝相してる(笑)
    2014-05-13