「なつやすみ」真っ盛り 中央線武蔵野市にて家庭料理教室【なつやすみ】を主宰。拒食症と母親の死の経験を経て、「食べることは生きること」をモットーに、その他大井町・青山等で教室開講中。
  • バレンタインチョコ

    0
    scissors
    2月 15th, 2013露崎 奈津子日常

    毎年、作るのと買うとのを準備しているチョコレートですが、
    今年はほんの少しデパ地下を歩いた程度で
    売り物のチョコに一切興味が湧かず、買わずじまいに。。。(^^;)
    (今、うちの冷蔵庫にお土産やら貰い物やらのチョコが沢山あるからかも;;)
     
    で、ワタクシ自身は
    また今年も常連の生徒さんからチョコをいただいてしまいました★
    いつも有難うございます!
    (昨年の模様はこんなかんじ⇒2012年2月19日
    IMG00350-20130214-1629
     
    中に入っていた説明書きをそのまま読むと、
    「VERSIER ヴェルディエ
     レザンドレ・オ・ソーテルヌ ”貴腐”
     
     ブロンド色のドライ・レーズンをボルドー産の最高級貴腐ワイン・ソーテルヌに漬け込み、カカオ分が70%の純チョコレート「トロピリア」でコーティングしました。
     葡萄の甘酸っぱさとチョコレートの甘み、そしてソーテルヌワインの芳醇な香りをお楽しみください。」

    IMG00352-20130214-1631
    開けてみると、予想に反して、チョコの塊にレーズンが包まれてるんじゃなくて、
    ホントにチョココーティングなのね。
     
    ということで数粒食べてみましたが、確かにすごい良い香りと適度な甘さ!
    お酒強くない私、これで十分酔えます(笑)
     
    さらに、
    「また、20℃以下の常温で保存していただくと、更に香りが良くなり甘みが増してきます。
     まさにワインのように『熟成』するチョコレート、お酒とも好相性です。」

    とのことなので、賞味期限の10月末まで、
    ちょこちょこ味と香りの変化を楽しんでみたいと思います♪
     

     

Leave a reply